人生の最期まで過ごせる「第2の家」。呉市にはじめてのホームホスピスを作りたい!

やりたいこと

自宅で過ごすことを諦め、次の病院・施設を探す患者さんやご家族に対し、その中間の選択肢を作りたいと思っています。 ホームホスピスが、入居する方にとっての「第2の家」となるよう、既存の民家を活用して設立したいです…

やりたい理由

ホームホスピスの設立を通し、入居者が“ともに暮らす”場所としてだけでなく、高年齢者の豊かな経験を活かせる雇用の場や、地域に溶け込んだコミュニティの場として、市民や地域の活性化につなげたいと思います。

伊藤 由夏

広島県呉市出身。 がん闘病中であった母親が末期状態となり、在宅での介護、看取りを行った経験からホームホスピスをやりたいと思い始めました。 看護師として勤務しながら、ホームホスピスを作るため準備中です。