• イベント

テレビディレクターにさかさま取材をしてみよう(9/9)

テレビ番組を制作する現場の責任者「テレビディレクター」

動画コンテンツが選べるだけでなく、誰しもが動画をつくる側にもなった現代。

メディアがどんな目線で取材をして、映像に纏めているのか。
立場を越えて学び合うことで、今の時代に合ったテレビメディアとの付き合い方や使い方について、考えてみたいと思います。

こどもの部とおとなの部で開催します。

【こどもの部】

STEP1「取材してみる!」
ディレクターってそもそもどんなお仕事??
Youtubeと何が違うの??
普段何をしてるか、何考えてるのか、テレビってどうやって作るの?
「さかさま」取材してみよう!

STEP2「取材されてみる!」
もし自分が取材されてみたら、どんなことを話したいだろう?
取材してもらいながら、自分が多くの人に今伝えてみたいこと考えてみよう。

STEP3「更に取材する」
テレビの人は、何を考えながら自分を取材したのかな?
今度はもう一度「記者」になって、相手を取材してみよう。

STEP4「考える」
普段何気なく見ているテレビ。
そんなテレビでやってみたいことを一緒に考えてみよう!

【おとなの部】

STEP1「取材される」
取材されたいこと・世の中に発信したいものを用意しましょう。
ディレクターに取材してもらいます。

STEP1「取材する」
なぜそういう取材をしたのかさまさま取材をしましょう。

STEP3「理解する」
ディレクターの仕事や考え方を把握し、物事を捉えて伝える方法を学びましょう。

STEP4「考える」
テレビメディアやディレクターと一緒にやりたいことや出来ることを考えてみましょう。

STEP5「相互理解」
メディア・視聴者・取材対象者、それぞれの立場からテレビメディアとの付き合い方や使い方などについて、気付きを見出しましょう。

詳細

日時:9月9日(土)14:00-16:30
構成:こどもの部 14:00-15:00 こどもの部|おとなの部 15:00-16:30
場所:madanasaso(名古屋市西区新道1丁目13-15昭和ビル2階)
料金:無料
対象:小学生以上~おとな
参加:予約制
取材対象:現役テレビディレクター(これまで民放やNHKなどで番組を制作)
申込:http://ptix.at/5IM084

パブリックリレーター
福田ミキ
On-Co 取締役|三重県公認DXアドバイザー

2014年に東京から三重県へ移住。
金融での経験を活かして、テレワークで都市部の企業のPR業務を請け負う環境を整備。場所に捉われない働き方の可能性を拡大。同時に相互理解を深めるローカル特化型PRを展開。メディアと伴走体制を整え、狙った先の認知と行動を変容させる戦略で、数々のプロジェクトを加速させている。経営と連携させたPRで目的に合わせた産学官とのリレーションシップを図っている。

株式会社On-Coについて

ミッションは「未来の前座」になること。
社会の誰もが挑んでないことに挑み、失敗する。
そのプロセスが株式会社On-Coの企業理念です。
さかさま不動産や丘漁師組合、パブリックリレーションズや上回転研究所などのプロジェクトを展開しています。
公式サイト:https://on-co.jp/

お問い合わせ

担当:福田
TEL:080-5984-7800
Mail:support@on-co.co