• マッチング者

17件目「森の中で自由気ままにピアノが弾きたい」

元薬剤師 廣瀬明香さんの挑戦。これまで薬剤師として、在留外国人に医療現場における安心を届ける取組みなどを行うと同時に、薬だけでは守り切れないヘルスケアを追及。新人の頃に言われた「お花の水を毎日替えられる程度の心の余白を持ってください」という言葉に立ち戻り、お花やハーブでの空間づくりにも携わってきました。その中で、日常にある豊かな時間や自分のための時間が、心身の健康に繋がることを実感。

 コロナ禍で在宅時間が増える中、誰かに影響されがちな情報社会への閉塞感を強く感じ、以前から抱いていた「森の中で他人の目を気にせずピアノが弾きたい!」という欲求が高まりました。そこで1年程前から、自然の中で好きなことに没頭できる空間を探していました。

 マッチングした場所は、長野県富士見町の山林(約4000㎡)。約1年前から移住窓口への相談や移住イベントに参加するなどして、長野県内の物件を探していましたが、中々出会いはなく、最近では栃木県や山梨県に範囲を拡げていたところ、さかさま不動産を通して、本命の長野県の土地所有者から連絡が入り、マッチングに至りました。

 廣瀬さんは東京と長野の二拠点生活をしながら、「常に他人の評価の中で生きてしまい感情に蓋をしてしまっている人」や「感受性が強く繊細な人」たちにも開放し、とっておきのおひとりさま時間を過ごせる空間作りを目指し起業予定です。

 土地所有者は、長野県に複数拠点を持つ電機・精密機器メーカー。社員寮などを見据えて所有していた土地でしたが、コロナ禍などで活用の方向性を検討している中、さかさま不動産に掲載していた廣瀬さんの想いを発見。管轄部署の担当者が連絡をとったところ、音楽好きという共通点から始まり、廣瀬さんの想いに共感が生まれました。

 その後、地域に根差した企業として大切にしている「地域との繋がり」の側面から社内の稟議が通り契約へ。担当者は「個人との契約は異例でしたが、土地を提供できたことで、廣瀬さんの夢が叶うのは嬉しい」と話します。

廣瀬さんの記事はこちら↓
https://sakasama-fudosan.com/lessee/morinonaka-piano/

そして新たなに出来る拠点はこちら↓
https://morito-pianoto.com/