やりたい想いLessee

2022.10.03 愛知県瀬戸市

人にも環境にもやさしい暮らしを、瀬戸のまちから。買い物をゼロ・ウェイスト&プラスチックフリーに。

野﨑由衣

SNS
  • instagram

はじめまして。elämää seto(えらまーせと)という名のお店を始める野﨑由衣と申します。主婦をしています。

「ゼロウェイスト」や「プラスチックフリー」をコンセプトに2023年春、自宅玄関の土間スペースにオープン予定です。現在、瀬戸市の創業塾「せと・しごと塾」で勉強しながら開業に向け準備を進めています。

瀬戸の面白いものを探して散策される方々にも知っていただきたく、商店街や駅周辺でポップアップ出店の場を提供してくださる店舗様を探しています。
瀬戸のまちは、ここにしかない出会いに溢れています。私自身も個人商店を営んでまちづくりに関わっていきたいです。

【物件情報】

エリア:愛知県瀬戸市
物件の広さ:10〜20平米くらい。
理想の賃貸金額:0〜3万円(要相談) 
その他条件:店舗の軒先などで間借り出店させていただきたいです。

やりたいこと
ゼロウェイストショップと呼ばれる、オーガニック食材や日用品の量り売り、プラスチックフリーの雑貨、関連書籍を取り扱う店舗を開きます。
オーガニック食材を使った料理教室や、暮らしの雑貨を手作りしたりエコな暮らし方について学び合うワークショップも企画開催します。
さらにポップアップやマルシェに出店して、より多くの方に出会うことを願っています。
やりたい理由
子どもと一緒に自宅から出るプラスチックごみを調べたことがきっかけです。床に並べた際に可燃ごみよりも量が多いこと、そしてそのほとんどがパッケージごみであることに大きな衝撃を受けました。
調べてみると、日本人1人当たりのプラスチックごみ排出量は世界第2位(32kg)、うち60%以上が使い捨てのプラスチック容器(パッケージ)です。ごみとなったプラスチックは河川などから大量に海へ流れ続けており、このまま増えると2050年には海のプラスチックの量が魚の量を上回ると言われています。

未来を生きる子ども達に少しでも暮らしやすい環境を残すために、パッケージ(包装)を極力省いた買い物でプラスチックごみを減らすことにチャレンジしたいと考えました。
オーガニック食材や液体洗剤類を繰り返し使える容器(マイ容器大歓迎!)で量り売りしたり、生活雑貨は土に還る素材のものをご提案します。環境への取り組みに大切なのは、1人の100歩ではなく100人の1歩と言われています。みなさんの暮らしの中で出来ることから楽しくプラスチックを減らしてみませんか?

elämääとは暮らし、生き方、人生を意味するフィンランドの言葉です。日々の暮らしと環境のつながりに思いを馳せることは、明日からの暮らしを選ぶことに繋がります。暮らしを自ら選んでいける風土を、瀬戸のまちから発信し育てていきたいです。

自己紹介


はじめまして。elämää seto(えらまーせと)という名のお店を始める野﨑由衣と申します。主婦をしています。


「ゼロウェイスト」や「プラスチックフリー」をコンセプトに2023年春、自宅玄関の土間スペースにオープン予定です。現在、瀬戸市の創業塾「せと・しごと塾」で勉強しながら開業に向け準備を進めています。


瀬戸の面白いものを探して散策される方々にも知っていただきたく、商店街や駅周辺でポップアップ出店の場を提供してくださる店舗様を探しています。

瀬戸のまちは、ここにしかない出会いに溢れています。私自身も個人商店を営んでまちづくりに関わっていきたいです。



やりたいこと


ゼロウェイストショップと呼ばれる、オーガニック食材や日用品の量り売り、プラスチックフリーの雑貨、関連書籍を取り扱う店舗を開きます。

オーガニック食材を使った料理教室や、暮らしの雑貨を手作りしたりエコな暮らし方について学び合うワークショップも企画開催します。

さらにポップアップやマルシェに出店して、より多くの方に出会うことを願っています。



やりたいことの理由


子どもと一緒に自宅から出るプラスチックごみを調べたことがきっかけです。床に並べた際に可燃ごみよりも量が多いこと、そしてそのほとんどがパッケージごみであることに大きな衝撃を受けました。

調べてみると、日本人1人当たりのプラスチックごみ排出量は世界第2位(32kg)、うち60%以上が使い捨てのプラスチック容器(パッケージ)です。ごみとなったプラスチックは河川などから大量に海へ流れ続けており、このまま増えると2050年には海のプラスチックの量が魚の量を上回ると言われています。


未来を生きる子ども達に少しでも暮らしやすい環境を残すために、パッケージ(包装)を極力省いた買い物でプラスチックごみを減らすことにチャレンジしたいと考えました。

オーガニック食材や液体洗剤類を繰り返し使える容器(マイ容器大歓迎!)で量り売りしたり、生活雑貨は土に還る素材のものをご提案します。環境への取り組みに大切なのは、1人の100歩ではなく100人の1歩と言われています。みなさんの暮らしの中で出来ることから楽しくプラスチックを減らしてみませんか?


elämääとは暮らし、生き方、人生を意味するフィンランドの言葉です。日々の暮らしと環境のつながりに思いを馳せることは、明日からの暮らしを選ぶことに繋がります。暮らしを自ら選んでいける風土を、瀬戸のまちから発信し育てていきたいです。


物件情報


エリア:愛知県瀬戸市

物件の広さ:10〜20平米くらい。

理想の賃貸金額:0〜3万円(要相談)

その他条件:店舗の軒先などで間借り出店させていただきたいです。


同じ支局で募集している借主さんの記事Pick up