やりたい想いPlayers

沢山の笑顔を広げるおもちゃ屋さんをつくりたい!

おもちゃコンサルタントたいち / 木のおもちゃショップuminami代表

焼本泰治

SNS
  • facebook
  • instagram

障がい者施設、高齢者施設の施設長経験を経て、障がいを抱かえた皆さんと、0歳から100歳までにお勧めできる、安心で安全なおもちゃを販売しています。

【物件情報】

エリア:三重県菰野町、四日市市の北部
物件種類:古民家, 倉庫
物件用途:事務所, 店舗(物販), フリースペース
希望賃貸価格:5万円以下
希望購入価格:300万円以下
広さ:101〜200平米
その他:定期的なイベントなど行いたいため、広めの駐車場があると嬉しいです。音楽の演奏などできる場所が理想です。

やりたいこと
おもちゃの販売やイベントができる場所を探しています。将来的には、障がいを抱かえた皆さんと共に、子どもたちの笑顔を広げることのできるオリジナル商品おもちゃを創りたいと思っています。
やりたい理由
良質で安心・安全なおもちゃを通して、目の前にいる人たちに合わせたさまざまな遊び方を提案し、障がいを抱かえた方も、そうでない方も、すべての人たちが、ありのままの姿を認めてもらえるような社会を目指したいです。

自己紹介


三重県四日市市出身。

子どもの頃から少林寺拳法をやっていました。四日市市の松本にある子どもの本屋「メリーゴーランド」の代表が指導されている道場に通っていました。


高校を中退した年に、阪神大震災がありました。少林寺拳法の先輩と共にボランティアに参加をしました。その時のつながりで、メリーゴーランドの代表を通じて、淡路島にみえた児童文学の作家さんとお会いする機会がありました。


その後、メリーゴーランドの代表にお誘い頂き、その児童文学作家さんに海外へ連れて行って頂くことになりました。初めて連れて行って頂いた海外は、フィリピンのマニラ。貧困の差が激しい様子が垣間見える社会の中で、スモーキングマウンテン(ごみの山)で生活をする子どもたちの姿に出会う機会もありました。その後も、さまざまな国に連れて行って頂き、体験を通して自分をみつめる機会が増えるようになりました。


帰国後は、さまざまな仕事を経験する中で、表現をする仕事に興味を持ち、映画製作の世界に飛び込もうと考え、東京の日活撮影所にあった養成所の試験を受け、合格をもらい養成所での生活をスタートする準備を進めていました。その一方で、少林寺拳法の先輩が同志と立ち上げられた絵本の読み聞かせや講演活動を行う会社「朗天狗(現:ほがらかカンパニー)」の活動に興味を持ち、その後誘いを受け、決まっていた養成所の道を断り、子どもの世界に飛び込むこととなりました。

そこで、約18年間、三重県内の保育園・幼稚園を中心に絵本とおもちゃの販売業務を行いました。500件ほどの保育園・幼稚園を回っていました。


その一方で、結婚をし、子どもを授かり、子育てをする中で、子どもが元気に成長する上での遊びの大切さを実感し、30年以上の歴史を持つ日本で唯一の総合的なおもちゃの資格である「おもちゃコンサルタント」を取得しました。その後は、おもちゃコンサルタントとして、講演やワークショップを行っています。

現在ほがらかカンパニー退職後は、障がい者施設、高齢者施設の施設長を経て、障がいを抱かえた皆さんと共に、おもちゃの販売業務を行っています。



【おもちゃコンサルタントとは】

東京の認定NPO法人「芸術と遊び創造協会」が発行している資格で、おもちゃや遊びをバランスよく与えることができるよう、おもちゃを見る確かな目を育てる講座です。子どもの成長・発達とおもちゃの役割や、リハビリ・介護でのおもちゃの可能性など幅広い視点でおもちゃを捉えます。保育・幼児教育やおもちゃの製作・販売、医療・福祉業界に携わる方にお勧めの資格です。


やりたいこと


子どもたちの笑顔を広げるために、おもちゃの販売できる場所を探しています。

長年、保育園や幼稚園を中心に、子どもたちの笑顔を広げるために、おもちゃの販売を行ってきました。その後、障がい者施設での施設長を務め、さまざまな障がいを抱かえた皆さんと出会いました。そんな皆さんの中には、働きたくても働く場所がない。できる仕事がない。と悩みもがく人たちがいます。そんな皆さんと出会い、障がいを抱かえた皆さんと共に誰かの役に立ち、喜びを分かち合うことのできる場所を創りたいと思うようになりました。


障がいを抱かえた皆さんやそうでない皆さんが集い楽しめるイベントを行いたい。そして、将来、障がいを抱かえた皆さんと共に、子どもたちの笑顔を広げることのできるオリジナル商品おもちゃを創りたいと思っています。



やりたい想い


ぼくが施設長を務めてきた障がい者入所施設には、様々な障がいを抱かえた皆さんが生活をしていました。自分の力では、起き上がることができない人。自分の力では、うまく食事をとることができない人。自分の力では、トイレに行くこともできない人。


一見すると、ぼくたちと比べると、できることよりもできないことがたくさんあるのではと思える人たちがいました。でも、ぼくたちと同じものを、そんな皆さんも同じように持っていました。それは、心でした。


嬉しいときには嬉しい気持ちになり、悲しいときには悲しい気持ちにもなり、悔しい気持ちのときには悔しい気持ちにもなり、寂しいときには寂しい気持ちにもなります。


そして、ぼくたちと同じように、誰かの役に立てたとき、誰かを笑顔にできたとき、やはり、ぼくたちと同じように喜びを感じます。


そんな皆さんと、たくさんの喜びを獲得するために、ぼくは、これまでの経験を活かし、おもちゃの販売業務を立ち上げました。


良質で安心・安全なおもちゃを通して、目の前にいる人たちに合わせたさまざまな遊び方を提案し、障がいを抱かえた方も、そうでない方も、すべての人たちが、ありのままの姿を認めてもらえるような社会を目指したい。


それが、ぼくのおもちゃ屋さんをやりたい理由です。



できること・特技・趣味


一人一人に合わせた玩具の紹介、または遊び方の紹介/介護/映画、音楽


希望する物件について


エリア:三重県三重郡菰野町、四日市市の北部

物件種類:古民家, 倉庫

物件用途:事務所, 店舗(物販), フリースペース

希望賃貸価格:5万円以下

希望購入価格:300万円以下

広さ:101〜200平米

その他:定期的なイベントなど行いたいため、広めの駐車場があると嬉しいです。音楽の演奏などできる場所が理想です。