フラワーロスを少しでも軽減するためのプロジェクト拠点&作業スペースを確保したい!

FROM NOW ON...自由が丘 代表

佐々木 悦子

  • facebook
  • twitter
  • instagram

FROM NOW ON... 自由が丘は小さな雑貨店。
特別なストーリーのあるサスティナブルな商品、植物の持つ神秘的な香りの世界を大切にした商品をご提供。
みなさまに癒しの時をお届けしています。

物件を探している地域

東京都

  • 23区
  • 品川区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 中央区
  • 荒川区
  • 千代田区
  • 板橋区
  • 台東区
  • 練馬区
  • 世田谷区
  • 墨田区
  • 足立区
  • 目黒区
  • 文京区
  • 江戸川区
  • 江東区
  • 葛飾区
  • 大田区
  • 港区
  • 新宿区

やりたいこと

【フラワーロス「レッツ アップサイクル&クリーンアップ!」】
お花の廃棄問題を少しでも軽減するお手伝いをしたくて地元のお花屋さんと立ち上げたプロジェクト!
その拠点&作業所を確保したい!

やりたい理由

フラワーロス対策
flower loss LET’S UPCYCLE & CLEAR UP! project
を日本中に広めたい!

希望物件の基本情報

物件を探しているエリア:東京都全域(できれば世田谷区、目黒区)
理想賃貸額:10万円以下
物件の広さ:20平米以上(広い方が嬉しいです)
その他の物件条件:エアコンついてると嬉しい。できれば一軒家だと嬉しい。できれば住居使用可能だと嬉しい。

PROFILE

自己紹介

「これから」に思いを馳せながらも、地に足を着けた「今」を大切に暮らす人のお店「FROM NOW ON…jiyugaoka」

自由が丘の片隅にてオープンから5年目。娘と事業を開始し、現在はほとんど1人で運営しています。
フレグランス・ナチュラル・オーガニック好きのお店として、また、女の子の古着も買えるおしゃれな雑貨屋さんとしても、若いお客さまを中心に定着してきました。

環境に配慮したプロダクトの他、オリジナル商品にも力を入れており、植物の持つ自然の香りや優しさを最大限に引き出した商品開発に取り組んでいます。

オープンした2019年はコロナウィルス感染症が世界で初めて発見された年。当店もオープン赤ら半年も経たない内にコロナの影響を受け、2020年には休業や営業時間短縮、営業しても来店者数ゼロの日が続いたりと大打撃を被りました。

店を閉めるのも開けるのも地獄みたいな日々との格闘が続き、もともと店舗経営の素人だった私ですので、何度ももう限界かなと諦めかけました。

そんな中、
「こんな素敵なお店なのだからぜひ続けてください!」
「お願いだからやめないで!」
と多数の励ましのお言葉をいただきました。
そうしながら、たくさんの方々に支えられて今日まで頑張ることができました。

今も決して順風満帆なわけではなく、相変わらず厳しい経営状態は続いています。
ですが、これまで助けていただいた世の中への恩返し、お役にたてることはないだろうかとずっと考えてきました。
そして、いまこの私にできることを始めようと新たに決意しています。

フラワーロス対策
廃棄処分されるお花問題を少しでも軽減するための
みんなにやさしいプロジェクト
【フラワーロス「レッツ アップサイクル&クリーンアップ!」】
を応援してくださいませんか?

やりたいこと

フラワーロスを少しでも軽減するお手伝いをしたくて地元のお花屋さんと立ち上げたプロジェクト!
その拠点&作業所を確保したいです!

flower loss LET’S UPCYCLE & CLEAR UP! project
を立ち上げました!

フラワーロス
「レッツ アップサイクル&クリーンアップ!」プロジェクトとは?

FROM NOW ON…と仲間のお花屋さんが立ち上げた、廃棄処分されるお花問題を少しでも軽減するための、みんなにやさしいフラワーロス対策プロジェクトです。

■まず、私たちにできることから始めます
FROM NOW ON…では、植物素材のオリジナル製品を開発しているということもあり、お花の廃棄問題は日頃からとても気になるところでした。

そんな中、私たちなりの方法でなにかお役に立てないか、という思いが日に日に強くなっていきました。
そして、地元仲間のお花屋さんに相談、アドバイスをいただきながらたくさん考え、何度もアイデア出しをし、ついに導き出したのが次のようなシステムです。

◯お花屋さんから「廃棄花」を譲り受け
◯アップサイクルして
◯新たなプロダクトとして蘇らせ
◯また、お花屋さんに還元する

このような、異業種間での循環システムを構築実行することにより、廃棄予定だった植物を有効活用、低コストでの製品化、還元することで双方共に利益を生み出すことが可能になります。
ここでは、互いに「提供する側される側」となってメリットが得られるので一方通行ではない、常に「循環型」であるという点が大きなポイントです。

■プロジェクト推進のための場所が必要です
FROM NOW ON…は小さな店舗です。
店内には雑貨や食品、古着などがいっぱい!
ストックスペースも最小限で運営しています。

このプロジェクトを立ち上げてから少しづつ、廃棄花を提供してくださるお花屋さんが増えてきました。
どうしても出てしまう廃棄植物を毎回泣く泣く捨てるのは忍びない、しかしそれをアップサイクルして、更にお店を彩るインテリア製品になるなら!と、皆様快く植物を持ち込んできてくださいます。

草花を製品化するためには、まず十分に乾燥させます。
乾燥させた草花は種類やサイズ色ごとに仕分けし、一旦保存。
そして、ドライフラワー、キャンドルなどの様々なボタニカル製品に加工していきます。

植物を乾燥・保存のためには広いスペースが必要です。
自店用オリジナル商品製作には問題なかった店舗スペースも、このプロジェクト推進のためには少々手狭となり、今では5坪の店内では圧倒的にスペースが足りなくなってきました。

■空き家をお花でいっぱいの幸せな癒しのアトリエへ
「回収したお花がいっぱいの乾燥室&保存倉庫」
「廃棄されるはずだったお花に新たな命を吹き込むアトリエ」
として使わせていただける物件を探しています。

植物の香りが心地良い、優しい空間として、きれいに大切に使わせていただきます。
ぜひ!私どもにご提供をお願いいたします。

やりたい理由

flower loss LET’S UPCYCLE & CLEAR UP! project
を日本中に広めたい!

■お花屋さんの「おもい」にお応えするためにも!
このプロジェクトには、フローリスト達のお花への切なるおもいと、事業活動を通じて社会貢献したいという私の強いおもいが込められています。

愛らしいお花。心を和ませ、日々の活力を生み出すと同時に静かな癒しの時間も与えてくれる、そんな植物たちが大好きです。
フローリストを志した方々ならその思いはなおさらでしょう。
愛するお花に囲まれた素晴らしいお仕事ですが、事業は利益を追求しなくてはならず、生のお花は食品同様ロスが必ず生まれます。
ほぼ全てのお花屋さんが理想と現実の狭間で苦悩されています。

自由が丘はお花屋さんがとても多い街です。
私はこの土地に店を構え、この街に支えられ5年間お店を続けることができました。
その中で知り合ったお花屋さん、お友達になったお花屋さん、支えてくださったお花屋さんがいっぱい。
その数だけ、フラワーロスのお悩みも!

FROM NOW ON…では植物の香りの持つ力で人々を癒す商品を開発しているので、廃棄花を生かして新たな商品を生み出せたらと、実はずっと考えていました。
そのためにはどうしたらいいのか、熟考を重ねた結果導き出した答えがこのフラワーロス対策プロジェクトです。

システムを考えだしたのだから、あとは実行あるのみ!

なんとしてもプロジェクト&システムを軌道に乗せ、この活動と意義を日本中に広めたいと思っています。

■つくる責任、つかう責任
SDGsの目標12は「つくる責任 つかう責任」。
これは、持続可能な消費と生産を構築するための目標です。
私たちFROM NOW ON…は事業者としてこのつくる責任を負っています。同時に一消費者としての使う責任をも重く受け止めなくてはなりません。

FROM NOW ON…は小売業と共に、最終的にボタニカル製品の卸販売メーカーを目指しています。
その上でも、このフラワーロス対策循環システムを完成させて、事業者が持続可能な社会のためにつくる責任を果たすことが必須と考えます。

今後、地球環境がますます深刻な状況に陥っていくことはもはや避けられないでしょう。
CO2問題、プラスチック問題、フードロス問題、、
我々の消費行動がそもそもの要因、まずは我々の意識と行動を変えることが大先決です。

______________________________
◉お花屋さんを悩ませるフラワーロス問題とは◉
鮮度が命のお花たち。
廃棄花(フラワーロス)はいつの時代にもフローリストにとって頭の痛い問題です。

その経済損失は、年間1500億円にものぼるとも、小売店のお花の30〜40%は廃棄されているとも言われています。
近年、社会問題として広く私たちの知るところとなりました。
ここ数年、農林水産省「花いっぱいプロジェクト」での官民一体となった大規模な取組みの他、民間や個人のアイデア溢れる活動や情報発信などが活発化しています。

フラワーロスは単に花業界だけの問題ではなく、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標 SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )の12番目の目標、『つくる責任、つかう責任』に繋がります。
「つかう私たち」もこの現状を知り、「何ができるか」を考えて今、行動を起こさなければなりません。
______________________________

できること・スキル・したいこと(趣味)

《できること》
グラフィックデザイン
ボタニカルキャンドル製作
ポプリ製作
ハーブティーブレンド

《スキル》
アパレル業界・雑誌業界・建築業界等で
商品デザイン、ブランド開発、グラフィックデザイン、広告、などの業務景観
雑貨・古着バイヤー

《したいこと》
ヴィーガン料理(自身は完全ヴィーガンではないが)
古着ファッション
ロックをもっと聴きたい

物件情報

物件を探しているエリア:東京都全域(できれば世田谷区、目黒区)
理想賃貸額:10万円以下
物件の広さ:20平米以上(広い方が嬉しいです)
その他の物件条件:エアコンついてると嬉しい。できれば一軒家だと嬉しい。できれば住居使用可能だと嬉しい。

LINEに登録して
最新情報を受け取る