支局で探すArea Search

いなかとまち豊田支局AICHI TOYOTA

豊田市は愛知県のほぼ中央に位置し、愛知県全体の17.8%を占める広大な面積を持つまちです。全国有数の製造品出荷額を誇る「クルマのまち」として知られ、世界をリードするものづくり中枢都市としての顔を持つ一方、市域のおよそ7割を占める豊かな森林、市域を貫く矢作川、季節の野菜や果物を実らせる田園が広がる、恵み多き緑のまちとしての顔を併せ持っています。

支局があなたを求めています。

合同会社なんつな共同代表 / 鬼木利瑛

  • Instagram

合同会社なんつなは、豊田市を中心にでフリーペーパー「耕Life」を発行し、各種イ
ベント企画運営を担うデザイン会社「株式会社こいけやクリエイト」代表の西村新と、
同じく豊田市を中心に女性起業家支援、社会人の複業やキャリア支援を行う「株式
会社eight」代表の鬼木利恵、人材育成事業「豊森なりわい塾」塾長 を務めた澁澤寿一の3人で設立した会社です。3者のひとづくり、まち づくりへの思いとこれまでの経験や知見を合わせて、豊田市を盛り上 げていきたいと活動をスタートしました。
メンバーがそれぞれ活動してきた中で、豊田市のまちといなか両地域で、活動拠点を探すプレイヤーが増えてきたにもかかわらず、活動場所を提供したい人と のマッチングが難しいことを実感してきました。今、その場所さえあれば...というこの悔しい思いを重ねる中で、さかさま 不動産の存在を知り、この仕組みを取り入れることで相乗効果を高められる!と確信しました。山村部の窓口を担当する 合同会社木かんしゃ代表庄司氏を強力な仲間に迎え、さかさま不動産「いなかとまち豊田支局」をスタートいたします。

Q1街にはどんな人がいますか?

大手製造業に勤める会社員が多く、女性よりも男性の方が人口としては多い街です。最近は副業解禁の動きもあり、若くて好奇心や行動力のある会社員の方が、田舎やまちなかで自身で団体を立ち上げたり、地域団体や企業を応援してくれたり、活気が出てきました。
また、育児両立をしながら自分らしく仕事をつくりだす女性起業家やNPO活動をする人も増えてきました。一昔前の、男性サラリーマンと専業主婦のイメージはだいぶ薄れてきたのかなと思います。

Q2街の魅力を3つあげるとしたらなにがいいですか?

1:都会と田舎が共存するまち
2:工業製品だけでなく、農作物やイベントなどを創りだすまち
3:多様な人たちがイキイキと暮らすまち

Q3アクセスはどうですか?

豊田市には「鉄道」が3路線あり26の駅があります。
また「基幹バス」は12路線あり400を超えるバス停があります。駅前には3時間無料駐車場が多く、公共交通機関でも車でもいつでもどこからでも来やすい街です。

Q4家賃相場はどうですか?

まちなかは、2LDKで6〜10万円
いなかは、2LDKで5〜7万円

Q5起業したい、活動したいと思ったら相談先はありますか?

あります!
豊田市が運営したり、運営委託をしているため、無料で利用できる相談先がたくさんあります。

いなかには、「おいでんさんそんセンター」「つくらっせる」という、何かやりたいを叶えてくれる相談先があります。
まちには、「とよた市民活動センター(合同会社なんつなが施設管理を担います)」があります。

女性起業支援のメニューも充実しています。まずはなんつなにご相談いただけたら、いろんなところにご紹介いたします!

Q6家族や友達と楽しめるアクティビティはありますか?

矢作川など水辺のアクティビティ
モータースポーツ
キャンプ、釣り
ラグビー観戦、サッカー観戦
鞍ヶ池公園ジップライン
などなど、四季折々の自然を舞台にした体験や、様々な施設を利用たエキサイティングな体験ができます!

この支局の住民紹介