オカンが運営するzikka(実家)という宿泊施設で地元を盛り上げたい

オカンが運営するzikka(実家)という宿泊施設で地元を盛り上げたい

自己紹介

岐阜県土岐市出身のkameと申します。現在、若狭湾(福井県)で空き家を活用してkamehouseという宿泊施設を運営しております。今まで子ども達と一緒に「旅と育児」をテーマに活動しておりまして、今後は地元や福祉の循環に関心があります。
https://lit.link/kamehouse

やりたいこと

宿泊施設運営の経験を地元に還元し、地元(岐阜県土岐市)に暮らす母の暮らしの豊かさを実現する場所として【zikka】(実家)という宿泊施設を運営できればと思います。

【zikka】とは基本的にはその地元のおばあちゃん・お母さんが暮らしながら清掃などを担当し、旅人や地元の方々とコミュニケーションをとっていく宿泊施設です。
地元の方がいることによって、旅人はその街の本当のローカルを体感することができます。またそこに住むご高齢の方の見守りにも繋がります。

家族の豊かさをシェアできる場所にしていきたいと思っていて、料理や育児、英語など自分の得意なことを共有しあえる場所にしたいです。

また、そこには地域の人がカフェや雑貨屋さんが自由にでき、近所のおじいちゃん、おばあちゃんも主婦の方も、友達、旅人もこれるような。誰もがこれる憩いの場所になれたらと思います。

kamehouseの外観

やりたいことの理由

元々、息子の子育てをみんながどうやって見守っていくか?
そんなことを思ったキッカケからkamehouseという宿泊施設を始めました。

そして20年前に地元を出て、今度はおかんのライフスタイルをどのように見守っていくか?
と思うようになり、今回のようなzikkaを始めようと思いました。

里帰りするほどに面白くなってくる地元と、歳を重ねた母と母の周りの方の日常の豊かさを、今まで取り組んできた宿泊施設としてのコミュニティスペースが、より循環させていけると思っています。

できること

空き家を改装して、宿泊施設、イベント企画、飲食業の経験あり。 自分でも古い物件を賃貸しているので貸主への理解がある。 地域内の暮らしのままの地域外との関わりづくりをしてきました。

物件情報

エリア:岐阜県土岐市
物件種類:古民家、一軒家、テナント
広さ:リビング含めて2、3部屋
理想賃貸金額:3万円以下
その他:DIYもする予定。水回りなど大規模工事は避けたい。
大家さんとの関係性を大切にしたいので、ビジョンに共感してくださる方がいいなと思ってます。

kamehouseのDIYする前
DIY完成後のkamehouse

最後に

離れて暮らしてても、家族や地元の豊かさを再認識できるコミュニティを全国に広げていきたいです!

報告する
メッセージを送る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
相談者や他の回答者が気持ちよく利用できるよう良識あるコメントを心がけください。