廃材を新たな価値に変えるアトリエが欲しい

廃材を新たな価値に変えるアトリエが欲しい

自己紹介

はじめまして!村上結輝と申します。1998年生まれの23歳です。
小さな頃からものづくりが好きだった僕は芸術大学を卒業し、今はフリーでデザイナーをしています。大学ではインテリアや建築について勉強していましたが、卒業制作でバナナの皮からレザー素材を開発した経験から廃材を使った素材開発をメインにお仕事をさせて頂いています。

バナナの皮から作ったレザー

現在では、牛乳から接着剤を作る技術を使って、廃棄される牛乳とコーヒーの粕を混ぜてブロック素材にしインテリアなどを作る「カフェオレベース」の開発にも取り組んでいます。

好きなものは猫と散歩とコーヒー。

カフェオレベースで作ったランプシェード

やりたいこと

大好きな街、大須にアトリエ件住居を作ってデザイナー活動の拠点にしたいです。

僕は愛知県の知多半島で育ち、今は北名古屋に住んでいます。デザイナーとしての拠点を作るとなるとやはり名古屋の中心部に近いほうがいいなと思い候補地を探すなか、商店街があってどこか懐かしい町並みと人の温かさが印象的な大須がいいなと迷わず思いました。廃材を使った素材開発を仕事としているため、アトリエもボロボロな空き家などをDIYでリノベーションして使って行ければなと考えています。

ボロボロな物件のほうが有り難いとまで思います。(その代わりお値段は格安が良いです)

カフェオレベースで作ったプラワーベース

やりたいことの理由

好きな街で、好きなように、好きな事をしたいからです。

廃材を使った新しい素材を作りプロダクトを作っているのは今の大量生産、大量消費のサイクルに疑問を感じたからです。

大須を散歩しているときには空き家、空き店舗だろうなと思う建物は沢山ありました。高齢化が進む中で若者が古い空き家を使って新しい事を始める事は僕のものづくりのテーマと合致しているんです。

カフェオレベース

できること

・素材開発
・家具、インテリアデザイン
・家具の制作、内装施工
・動画編集
・ゴミの片付け
・古いもの、汚いもの、虫への耐性あり

物件情報

エリア:大須周辺が理想。おもむきがありディープな街もでもいいです。
物件種類:古民家
理想賃貸金額:3万円以下
その他:作業で工具などを使うことがあるので、音が出せたりDIYができる物件が嬉しいです。

報告する
メッセージを送る

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
相談者や他の回答者が気持ちよく利用できるよう良識あるコメントを心がけください。