コラボが生まれる撮影スタジオ

コラボが生まれる撮影スタジオ

自己紹介

今フリーランスのカメラマンをしております。
加古伸弥と申します。

現時点では、友人伝てで商品撮影とかアーティスト写真撮影とかモデル事務所の潜在写真撮影をしております。
今後、雑誌の撮影を増やしていきたいと思っております。そのためのポートフォリオなどの作品どりをしております。



元々は三重県の四日市で理学療法士として働いてましたが2020年に千葉引っ越してカメラマンをはじめ、2021年から東京都内で活動させてもらってます。


最終的にはカメラマンとして遊び心のある雑誌とか広告とか、媒体の撮影をしたいと思っています。

目標としては装苑(雑誌)https://soen.tokyo/で使ってもらったり、ハイブランドの撮影もしたいです。
自分の持ってない価値観とか知らない世界に触れることが好きなので、お金になるとか安定するとかではなく、おもしろい現象が起きる可能性がある仕事をしていきたいと思います。

やりたいこと

撮影できるスペースがほしいです。
その場所にいろんなクリエイター実験できるようなスペースを作れたらと思っています。

僕の想うクリエイター、作家などが、他の職種と組み合わせて新しいアイデアとかコラボレーションがどんどん生まれて今まで見たことのないものが創造される場所を作りたいと思っています。

まだうまく言語化できないですが実験できる撮影スタジオとして、カウンターカルチャーが生まれるような場所ができたらにできたらと思っております。

やりたい理由

世の中的にいいと思われてる写真が偏っていると感じていて、少しばかり退屈だと感じています。
そういう固まった価値観を壊していけないかと考えた時に、業種の垣根を超えてコラボレーションしていくことが重要だと感じました。

いわゆるカメラマン、ベテラン層が市場をとっているのでそういった既得権益の人たちがつくれないような度肝抜くような作品を撮影をしたいと考えた時に業界で行われないような実験やアクションがどんどん生まれたらいいなと思い、スタジオを作りたいと思いました。

趣味・できること

・音楽が好きで特にサカナクションが好きです。自分たちの本当にやりたい音楽を、基本的にはニッチな音楽だけど、それをいかに多くの人に伝わるか?ということに向き合っているからそのスタンスが好きです。言葉をとても大切にしている人だから、その一つ一つに思想性が好きです。

・元々理学療法士なので、ご年配の方と話すのが好きです。理学療法士の仕事をしてる時からそう言った方とお話しすることが多くてそういったときにたくさんのことを学べたので僕はご年配の方とお話しすることがとても好きです。

物件情報

・エリア:渋谷区、新宿区、目黒区あたり、モデルさんやスタイリストさんが集まりやすいエリア
・広さ:2部屋以上、50平米以上
・賃料:〜10万円
・物件の種類:ビル、古民家など

その他

・衣装制作ができるスペースが欲しい
・撮影の際に奥行きが取れるような細長い物件
・更衣室が欲しい
・自然光がはいるような南側に大きな採光が取れる窓があると良い

報告する
メッセージを送る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
相談者や他の回答者が気持ちよく利用できるよう良識あるコメントを心がけください。