太陽光や風力発電施設を観光資源に?内陸でも出来るが街中では出来ない、電動のモーターパラグライダー観光タンデム 

太陽光や風力発電施設を観光資源に?内陸でも出来るが街中では出来ない、電動のモーターパラグライダー観光タンデム 

此処しかない飛行体験 誰でも一度はヤッてみたいアクティビティ

ご覧頂き有難うございます。少しでも興味持って頂けたら幸いです。

此の場所から飛んで、ゆっくりと飛びまた戻ってくる滑空機。平らな空地から飛び、自転車かバイク程度の速度で、
周りに建物や電線が無くて、広くて平らな場所なら飛行が可能。モーターパラグライダーはそんな遊びでスポーツなのです。

安全なの?危なくないの?
トラブルが起こっても速度が遅いからゆっくり判断できる。衝撃も遅い分だけ軽減できる。
広い場所なら、尚の事、離陸の判断や着陸の場所を探す時間の余裕が持てる。

初めての方でも乗れる?
同乗者様には、負担をかけない機材を使用します。
講習も無く、お子様にも解る簡単な説明だけでお乗り頂けます。

何歳から乗れるの?                                             未就学児の方から70を超えられた方々まで、お乗せした経歴がございます。
皆様ご自身で、乗りたいと意志を示されました方々ばかりです。

騒音は無いの?                                                機材からはエンジンの音も出ます。騒音だと感じる方も居られるでしょう。                    (電気の力での飛行がすでに?近い将来観光でもの夢を見ながら)                              民家や作業中御仕事中の方々の頭上はもちろん、近くを飛ぶ訳にはいきません。離れて飛びます。

観光資源の集客の目玉には、成り得ませんが、興味はそそられますよね。                       私どもの最大の弱みは、体験する時間が短い事。体験後の立ち寄り場所、滞在場所が問題点でした。                    是非、観光地、宿泊地の近隣で、事業が行えれば相乗効果が、と思っております。

近郊からでも遠方からでも、来たなら近くで観光、食事、購買、休憩、宿泊を周辺で近隣で完結させたい。      より一層の集客を狙う施設関係者様、早朝や夕日の中のアトラクションとして如何でしょうか。

お天気でないと出来ないの?                                         安全に飛ぶには天気の条件があります。でも晴れでも曇でも、朝にも夕方にも、チャンスはあります。                 雨の日は、飛べないですね。急に天気が悪くなったら飛べないかもしれない。                        そんな時には、別の場所で飛行機材を使って仮想フライト体験を実施します。

集落や民家から距離が取れる場所でしか出来ないアクティビティ、観光材料です。                 街からは離れている、集落から距離が捕れる、広い空き地が有る、ことが掛け替えのない観光資源であり魅力に変わります。空の観光に、年齢も体力も体の不自由さも言葉も国も関係ありません。一定条件下でなら公平に思いは叶えられます。さあ、お客様をお迎えしましょう。

ご一読頂き、有難う御座います。

報告する
メッセージを送る

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
相談者や他の回答者が気持ちよく利用できるよう良識あるコメントを心がけください。