気兼ねなく通える自家焙煎の喫茶店を作りたい

気兼ねなく通える自家焙煎の喫茶店を作りたい

自己紹介

こんにちは!
マキと言います。

珈琲舞姫という名前で店舗を持たない珈琲屋さんをやっています。
自宅の一室にて小さな手回しの焙煎機で少量ずつ、お客様ごとに焙煎しているお豆などを提供しています。

2017年くらいから自分で生豆の焙煎をするようになり、
2018年くらいからイベントなどで出店するようになりました。
2019年くらいから少しずつ物件を探し始めるようになり、
2020年から本格的に店舗出店を考え始めました。

2021年の今年こそはいい物件、いい大家さんと巡り会えたらいいなと思っております。

やりたいこと

老若男女、誰でも気兼ねなくこれるような喫茶店にしたいと思っています。
最近のコーヒー屋さんは若者向けのところが多く、なんとなく街のおじいちゃん、おばあちゃんが来にくい場所になっているんじゃないかと思っています。

でも私は若者もご年配の人も、誰でもフラッと気軽に来れるような珈琲屋さんにしたいと思っています。
だからこそ、ただのよくあるおしゃれなカフェ。ではなく、誰にでも馴染みのある、昔からあったような喫茶店のような場所にできたらと思っています。

やりたいことの理由

私の親がピアニストで、小さい頃はおじいちゃんおばあちゃんの家に預けられることが多かったです。
そんな幼少期の頃の体験から不思議と意識はおじいちゃんやおばあちゃんたちに向いて行きました。

またなぜか私の周りにはご年配の方が集まってくる傾向がありました。笑
そんな中で彼らの話に耳を傾けてみると、「気軽に人と話ができる場所がなくなった。」「もっとフラッと集まれる場所が欲しい。」という声が聞こえてきます。

小さい頃からおじいちゃん、おばあちゃんっ子だった私は周りの方からの声を聞いた時に「誰でも気兼ねなく通える自家焙煎の喫茶店をやろう。」と思いました。

できること・今までの経験

レコード(90’sのエモというジャンルが好き)の収集、服(派手なのが好き)の収集、人とお話しするのが好き、

コーヒースタンド、喫茶店での勤務、20回以上のイベント出店、飲食店への卸や100人近くのお客様へのお豆の販売

物件情報

エリア:名古屋市中区、東区、昭和区、千種区、栄から自転車で15分ほど
物件の種類や広さ:古民家、商店街、元々喫茶店の居抜きがベスト、10坪30㎡、駅から徒歩10分以内
理想の賃貸額:6万円台
その他:焙煎機がおける4畳くらいの部屋があるといい。焙煎機を置くので排気が出せるといい。

その他

地元の人と仲良くなりたいので、お祭りがある街がいいと思っています。
また、豆を焙煎するときに匂いがすごいので、換気しても近隣に迷惑にならないような場所だと嬉しいです。

報告する
メッセージを送る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
相談者や他の回答者が気持ちよく利用できるよう良識あるコメントを心がけください。