遊びで学ぶ文化スクールを作りたい

遊びで学ぶ文化スクールを作りたい

自己紹介

はじめまして。
三遊氣塾プロデューサー・講師の東谷光子(トウコク ミツコ)と申します。

1963年生まれ、だんじり祭りで有名な大阪府岸和田市出身です。
わたしはもともと建築業界で現場管理を含む、内装のデザイナーの仕事を21年。 今は55歳を過ぎて少々からだにガタがきているため現場活動を自粛してほぼ引退状況です(笑)

充分、好きな仕事をさせていただけたので 次のステップとして子どもたちが夢を語れるお手伝いがしたいと考え 遊びで学ぶ「三遊氣sanyuki」塾を2019年6月より活動しています。

https://sanyuki.net/

毎月1回の開校ですが今では24人の元気な子ども達が参加してくれています。
勉強する内容は学校の教科と同じですが、各教科の講師陣が工夫を凝らし 教科書では教えてくれない遊びから学ぶといったカリキュラムで進めています。

三遊氣塾のポリシーである子どもの興味を探し、ひとりひとりの能力を伸ばしていくための気づきを 授業を内容に取り組んでいます。

わたしの受け持ち授業は工作・美術・国語など。 色彩心理学を独学で学び、絵から子どもの心を読むといったカウンセリング活動もしています。

やりたいこと

三遊氣塾を1年7か月活動していくなかで、今度は子どもの不登校問題に直面致しました。 何故?こんな問題が起こるのか色々調べてみました。

原因は色々ありますが根本「気力」の問題だと感じ始めました。
長い人生に大切なことは色々な問題が自分の身に起こった時、折れないしなやかな心を 身に着けていかなければならない。そのためにはどうすればいいのか?

自分の感情を自分で管理する力・自分の衝動をコントロールする力・問題の原因を分析する力 他人への共感・自分の能力を信じる力といった立ち直るための力を身に着けていくことが 大切だと。

なので三遊氣が目指している教育方針をもっともっとひろげていかなければならないと考え 子どもの居場所兼子どもの本来持っている能力を引き出せる教育の場が欲しいと思い スクールの場所を作りたいと思いました。

やりたい理由

今の子ども達は他人と接する機会が少なすぎると思います。
わたしたちの時代、子どもはのびのびと遊ぶことが仕事だと大人は言っていました。 叱ってくれる大人や声をかけてくれる大人がいつもいてくれたように感じます。

三遊氣スクール講師は、個性豊かで子どもの目線で接する人材ばかりを集めています。 昔の近所の駄菓子屋さん感覚でオープンに子どもが集える場所でありたいと考えています。

わたしたち大人が こんな時代にうつむいて生活していてはいけないと思います。 こんな時代に子育てしている方の少しでもお役にたてるようひとりでも多く 子どもの笑顔をなくさないよう大人ががんばらないといけないと思います。 子どもは世界の宝です。 子どもはみんなで育てよう。

できること

わたしの本業がリノベーションのデザイナーで現場作業もできるDIYの講師です。 なので、空き家・古民家の改装はお手の物であって現状を維持しながら 賃主さまの家に対する配慮も理解しています。 素敵な内装空間に仕上げることができます。

物件情報

エリア:大阪府高石市、大阪府和泉市、JR阪和線もしくは南海本線近く、岸和田市
広さ:20坪、60m2
賃貸金額:家賃6万円
その他:駐車場が近くにある物件、子供たちの声が聞こえるので、ご近所さんの理解あるエリア

報告する
メッセージを送る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
相談者や他の回答者が気持ちよく利用できるよう良識あるコメントを心がけください。