静かに暮らせる古民家で設計活動がしたい。

静かに暮らせる古民家で設計活動がしたい。

自己紹介

永井政光建築設計事務所を主宰している永井政光と申します。1976年生まれ、豊山町出身、一級建築士です。設計事務所やゼネコンの設計部を経て2008年に一級建築士事務所を設立し、国産材や手刻みの伝統構法を活かした新築の木造住宅を主に手掛けています。伝統的な和と現代性をミックスさせた建築が得意です。趣味は読書、ギター、登山です。

2020年~中部大学建築学科非常勤講師

やりたいこと

静かな場所にある古民家を購入したいです。自宅兼アトリエとしたいので、ある程度広い家が理想です。

自分で家を直しながら住むということをしたかったので少しずつDIYできたらと考えています。

イギリス旅行に行った際にレンガの家や石造りの家が100年以上残り、愛される姿を見た時に「どうせ作るなら自分も長く多くの人に愛されるものを作りたい。」と思い始めました。

そこで、長く愛され、残る建築は自然由来のものが多いから愛されるし、大事にされて長く残ることが多いんじゃないかと思い、そういった建築をしています。

できること

会社勤めも含めて、実務で設計を始めて20年以上になります。一級建築士を保有しており、木造の建築の設計監理を専門にしています。温厚な性格で、人間関係は良好だと思います。

野球や将棋が好きです。

やりたいことの理由

流行にとらわれず、日本に合った建築について模索しながら設計活動をしています。現在、マンションをアトリエとして使っているのですが、伝統的な古民家で日本に合った建築を生み出していきたいと考えています。

物件情報

・用途:住宅兼事務所
・取得方法:購入希望
・購入金額:600〜700万円
・広さ:100m2
・エリア:愛知県全域・岐阜県全域、静かに暮らせ、静かに創作活動ができる場所

その他

人踊りや車通りが多くない場所にあって、静かに暮らせる場所
海が見えると良いですが、岐阜から遠くなると難しいかもしれません。
いいご縁があれば。

報告する
メッセージを送る

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
相談者や他の回答者が気持ちよく利用できるよう良識あるコメントを心がけください。