海洋プラスチック問題を解決したい

海洋プラスチック問題を解決したい

自己紹介

初めまして、間瀬といいます。
僕は現在、REMAREという海洋プラスチックを使ったアート製作活動をしていて、その活動を通して海洋プラスチック問題という自然課題を解決していけたらと思っています。

REMARE(リマーレ)とは、「海の循環を作る」という意味が込められているのですが、海に漂っているペットボトルの蓋や百円均一で購入できるプラスチック製品などが海洋プラスチックとして漁業や貨物、強いては生態系にまで強く悪影響を及ぼしています。

そんな地球に大きな影響を与えている海洋プラスチックをREMARの活動で解決していけたらと考えております。

また、元航海士でもあります。

やりたいこと

海洋プラスチックを世の中から消したいと考えています。
1つ具体的な例を挙げるとすれば、現在、海洋プラスチックから作成した時計があるのですが、こういった商品を展開していけたらと考えています。

この時計には針がないのですが、時計というものを見つめ直した時に時間というのは人間が効率的な生活を送るための共通認識で、人間がうまく循環するための道具でしかないんじゃないか?という答えに行き着きました。

それが便利なこともあるのですが、地球規模で考えた時にそういった人間中心の世の中になっていることが海洋プラスチック問題につながり、生態系の崩壊につながっていることに気づきました。

なので、時計は循環させるものと僕は捉えているのですが、今の時計はただ人間世界を循環させているだけなので、それを地球全体の循環を促せるようにと針をなくし、針が回る代わりに海洋プラスチックで作った文字盤が回るようにしました。

そんな中で海洋プラスチックを製作する拠点を海の近くに欲しいと思っています。

やりたい理由

航海士をしている時に海に出ていると海洋プラスチックの影響でトラブルが起こったこともありました。

またそういった現象から海洋プラスチックについて調べれば調べるほど、多くの環境問題や経済問題につながっていることに気づき、海洋プラスチックの問題を解決することさえできれば多くの地球の課題を解決できることに気づいたので、REMAREの活動をしようと思いました。

できること

プラスチックの回収、加工、商品化、販売、機関士、DIY、航海士、船舶の操縦

物件情報

エリア:和歌山県〜三重県(鳥羽より南側)
広さ:50m2以上
理想の賃貸金額:5万円以内

その他

REMAREの製作作業で大きな音が出る作業があるので大きな音を出してもいい環境やトイレがあると嬉しいです。

報告する
メッセージを送る

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
相談者や他の回答者が気持ちよく利用できるよう良識あるコメントを心がけください。