ナゴヤの入口を作りたい

ナゴヤの入口を作りたい

自己紹介(経緯)

はじめまして。大野嵩明です。
現在は大ナゴヤ大学というNPO法人の理事をしています。

何故私が大ナゴヤ大学の理事になったのか。それをまずみなさんに伝えさせてください。私は名古屋市西区に生まれ、高校生まで名古屋に住んでいました。
大学で一時名古屋を離れたものの、就職で名古屋に戻ることに。
戻った時、2009年に大ナゴヤ大学が立ち上がり、仕事を別でしながら、ボランティアとして関わるようになりました。

そこで気づいた、地元、名古屋のこと。
ボランティアで参加するたびに、地元のことを知っていくことが楽しくなりました。名古屋を知るにつれて、市以外、東海エリアのことにも触れる機会が多くなり、東海のいろいろなエリアに興味が湧きました。

もっと深く関わりたい。そんな想いが強くなり、名古屋市からの委託事業と立ち上がったソーシャルタワーマーケットの運営スタッフとして正式に大ナゴヤ大学のスタッフとして参加することになりました。

大ナゴヤ大学に入って9年目。ナゴヤのことを考え始めて10年以上経ちました。
https://dai-nagoya.univnet.jp/

借りたい想い

様々な人がイベントの企画者・参加者として関わり合う場を作ってきた大ナゴヤ大学。しかし、今までにリアルな「場」を持つことはありませんでした。
事務所として場所はあったんですが、人がふらっと来れる場所がなかった。今までのつながりをもっと色濃いものにしたい。そして、つなげられるようになりたい。次のステップに行くには、拠点を持って、大ナゴヤの繋がりをもっと強くしたい。そんな想いが強くなってきました。
みなさんの頭の中にある大ナゴヤを落とし込めるリアルな拠点を作る。それが私のやりたいことです。
・打ち合わせや授業ができるスペース。
・事務所も欲しい。
・しごとバー名古屋などのイベントができる場所。
・不特定多数の人がふらっと寄れる場所。
こんな空間を探しています!

借りたい理由

おもしろいこと、おもしろいものがたくさんあるのに、知らないのはもったいない。もっとナゴヤの可能性を感じられるようになって欲しいと思っています。あと、大ナゴヤのコアメンバーの挑戦する場所も作りたいです。
身内にとっての挑戦する場所、外の人はフラッと来れる場所。大ナゴヤ大学として次のステージにいきたい、そう考えています。

できること・今までの経験

大ナゴヤ大学は、10年かけて人のつながりを作り続けてきました。
ナゴヤを中心に、いろんな方のつながりがあります。人を巻き込む企画も10年の経験があります。物件の改装や、片付けも、全部楽しく企画化し、取り組むことができます!
大ナゴヤ大学の空間を一緒に作りたい!という大家さん、お待ちしてます!!

探しているエリア

名古屋市/中区/中村区

広さ・予算

40~60m2、家賃は6万円以下

報告する
メッセージを送る

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
相談者や他の回答者が気持ちよく利用できるよう良識あるコメントを心がけください。